総合歯科治療を薦める理由

歴史も実績もあるインプラント治療

インプラントイメージ

インプラントと聞くとなんだか怖い、と思う方もいらっしゃるのでは?

 

歯茎の中にネジを埋め込む、イラストや写真などを見ると、機械とか工具っぽくて不安が先に来てしまうのは仕方がないことかもしれません。

 

また報道されるインプラントというと失敗例や医療事故のようなものばかりがセンセーショナルに取り上げられマイナスのイメージが付きまとう原因なのかとも思わされます。

 

半世紀近い実績のあるインプラント

そのインプラントですが、最近の技術と思われている方も多いようです。実際は1952年にスウェーデンで研究が始まり、1965年には人に応用され、現在まで継続して行われている治療なのです。

 

開発したのはスウェーデンの医師、P・I・ブルーネマルク教授だそうです。オッセオ・インテグレーテッド・インプラントというチタンを使った人口歯根を作る方法で現在の主流もこの治療法です。

 

「アゴの骨に人口歯根を埋め込む」と聞くと、なんだかすごい手術が行われるようなイメージがありますが、慣れた医師ならば数十分で終わることができ、少し難しい親知らずを抜くことと同じレベルとも言われます。

 

人口歯根の素材は純チタンが主流

インプラントの研究途中ではコバルト、白金、クロム、金などとさまざまな素材が研究されてきました。見た目も実際の歯と違和感のないセラミックも研究されたことがあります。

 

但しセラミックは破損しやすく長期的な治療経過を見ると好ましいものではない、という評価があるようです。長い期間にわたって安心して使われるものとしては純チタンが最適であり、米国歯科医師協会の承認を受けているオッセオ・インテグレーテッド・インプラントという治療法もこの純チタンを使った治療法です。

 

純チタンという素材は強度のある金属ですが、人体となじみがよく、心臓のペースメーカーや膝など関節部品などに用いられ、金属アレルギーを起こす恐れがないため最適とされているようです。

 

インプラントの長所

入れ歯にもいろいろなタイプがあり、それぞれに長所があります。インプラント以外の入れ歯と比較してインプラントの長所を見てみましょう。

 

部分入れ歯

金属のバネを使う場合は、異物感があり、周囲の健康な歯に固定するため、健康な歯に負担がかかってしまいます。また人口の歯茎がついたものをのせる場合は噛むと歯茎が痛いなどの場合があります。

 

ブリッジ

周囲の歯を削り、細らせてその上に人口の入れ歯をかぶせるというのがブリッジ。健康な歯を数本削るという負担があります。また噛む力はその削って細らせた周囲の歯(歯根)が支えることになり、負担がかかり続けるということになります。

 

総入れ歯

歯茎の上に乗せられるだけなので、不安定で外れやすくしっかりとは噛みづらいということがあります。

 

インプラント

周囲の歯に頼ることがないので、健康な歯に負担がかかりません。骨にしっかりと結合するので安定し、食物を噛むことも普通にでき、見た目も自然です。

 

インプラントの注意

インプラント自体は確立された治療法なので、不安があるものではありません。

 

ですが、何でも、誰でもインプラント治療がベストというわけでもありません。部分入れ歯やブリッジのほうが良い場合も患者によってはあります。総合的な判断ができるよう総合歯科医に相談して納得のいく選択をすることが重要です。

 

またインプラントの治療法自体は確立された安心できる治療法だとしても、それを行う医師の技術が未熟では結果が違ってくる場合が考えられます。

 

歯科医としての評判がどうか、実績があるか、事前に治療法・施術後のケア・費用など十分に説明してくれるか、等々確認することをお奨めします。

 

参考書籍 『審美歯科で美しくなる』文芸社

Sponsored Link