歯周病は万病のもと

歯周病を知り、歯周病に備えよう

「スルスルこうそ」

歯周病にかかっている人の割合はどれくらいだと思いますか?

 

なんと日本人の約8割の人が歯周病にかかっているのだとか。その上ほとんどの人は歯周病にかかっているのに気がついていないか、放置しているとのこと。

 

最近歯周病の恐ろしさをよく耳にしますが、それは「虫歯」ではなく、全身の病気に関わる病気だということ。

 

メタボリックシンドローム、糖尿病、脳梗塞、心臓疾患、などなど様々な病気に影響を与えているのです。

 

歯周病は毎日の正しい歯磨きで予防ができ、定期的な検査で発見すれば、ほとんど完治することができる病気でもあります。正しい認識をもって歯周病に対処したいものです。

 

歯槽膿漏と呼ばれた歯周病

歯周病はかつて歯槽膿漏と呼ばれていました。歯ぐきから出血し、膿が出てくるのでそう呼ばれた病気ですが、歯ぐきや骨が徐々に侵されていく恐ろしい病気です。

 

この歯周病が全身の病気に深く関わるといわれて注目されています。

 

歯ぐきも全身の健康により影響を受け、影響しているようなのです。ストレスで胃が痛くなるということは日常経験することですが、体調の優れないときに歯茎が腫れる、歯茎から血が出るという経験をした方も少なくないはずです。

 

これは歯周病と全身の病気の関連を示すひとつの証拠だといわれています。具体的に関連が指摘されている病気には以下のようなものがあります。

  • 脳梗塞・脳血管性認知症
  • メタボリックシンドローム
  • 心臓疾患
  • 誤燕性肺炎
  • 腎炎
  • 糖尿病
  • 早産・低体重児出産
  • 関節リウマチ
  • バージャー病

恐ろしい病名が並んでいますが、どう影響しあっているのでしょうか。

 

例えば糖尿病と歯周病の関係で言えば、1型糖尿病(インスリンを分泌できない糖尿病)の場合はそのことが歯周病の危険因子とされてきました。

 

また2型糖尿病(遺伝や高カロリー、高脂肪食、運動不足などにより引き起こされる糖尿病)の人の歯周病発症率は当如病でない人の2.6倍も高いそうです。

 

更に糖尿病になると感染力の抵抗力が低くなるために歯周病が治りにくくなり、また歯周病がある人はインスリン抵抗性があがって糖尿病が治りにくくなる、と言われています。

 

このように歯周病は全身の病気に悪い影響を与え、また全身の病気から悪い影響を受ける性質があるようなのです。

 

歯周病という病気

歯周病

それでは具体的に歯周病という病気自体はどのような病気なのか見ていきましょう。

 

歯周病の原因は、不十分な歯磨き、加齢、免疫力の低下、ストレス、不規則な生活、偏った食事、喫煙などが上げられます。

 

最大の原因は不十分な歯磨きによるもの。逆に言えば適切な口腔ケアによって防ぐことが可能ということでもあります。食後の歯磨きなどを怠ると歯垢ができ、放置すれば、3〜4日で歯茎は炎症を起こし始めます。

 

日本人のほとんどは歯磨きを毎日行っており、つまりかなりの人の歯磨きが適切に行われていないということでもあるようです。まず大きな原因のひとつが歯磨きのまずさにあると覚えておきたいものです。

 

歯周病の症状

初期症状はほとんど痛みもなく、気がつかないのが歯周病の特徴でもあります。しかし注意していると歯茎が赤みを帯びてきたり、腫れたり、むずがゆくなるという症状が見られます。

 

歯周病が進行すると歯肉が盛り上がったり、その反対にやせたりします。

 

鏡をみたときに歯が長くなってきたと感じることがあれば、これは歯茎がやせて、歯肉に隠れていた部分が見えるおうになることが理由です。熱いものや冷たいものがしみてくるので注意したい点です。

 

またはと歯肉の間に「歯周ポケット」ができ歯周病菌が繁殖すると口臭がしてくるので、これも歯周病のサインです。放置しておくと出血や腫れがひどくなり、痛みとともに最後は歯が抜けてしまいますので、早期の発見が重要です。

 

歯周病の治療

歯科医による歯周病の治療は主に

 

1)スケーリング(歯石除去)とルートプレーニングによるプラークや壊死セメント質を取り除く

 

2)歯周ポケット内の炎症部分を掻き出し、抗生物質などで細菌の増殖を抑制し、炎症を抑える

 

などの治療を行うことになります。症状が進行し歯槽骨にまで炎症が広がっている場合には歯槽骨切除や歯槽骨整形などの外科手術を行うこともあります。

 

歯周病の予防

まずは歯磨き。歯磨きの重要性を今一度心に留めてください。正しい歯磨きが歯周病予防の第一歩であることは間違いありません。

 

正しい歯磨きについてですが、これは時代によって変わってきています。以前は毎食後3分以内に3分間歯磨きをすることが推奨されていました。しかし現在は、一日一回でもいいから、丁寧な歯磨きでプラークを完全に取り除くことのほうが歯周病予防という観点からは効果が高いとも言われています。

 

プラークは完全に除去されると再び増殖するまでに24時間以上かかるといわれてきているからです。毎食後の歯磨きが難しくても一日一回は5分以上10分程度をかけてプラーク除去ができる歯磨きをすることが歯周病予防につながるのです。

 

更に半年に一度は歯科医で検診を受けましょう。定期的に受診することが歯の健康には欠かせないということ、ここでもは繰り返してきたとおりです。

 

歯周病予防について、下記書籍を参考にさせていただきました。本では更に詳しくわかりやすく説明されています。ぜひご一読ください。

 

【参考書籍】
歯周病予防と口腔ケア (ホーム・メディカ・ブックス・ビジュアル版)下野正基著

 


Sponsored Link