歯と認知症の関係

歯が良い人はぼけにくい

老人A

歯がいい人ほどぼけにくい、という研究結果があります。

 

虫歯がないと食欲がわいて健康だ、というのならわかりますが、歯とぼけ(頭のはたらき)にも関係があるのでしょうか。

 

そうなんんです。歯と認知症にも密接な関係があるというのです。

 

厚生労働省の研究班がおこなった研究で愛知県内の65歳以上の健康な老人4500人を対象に調べたものです。

 

認知症のリスクは1.9倍

研究の結果ですが、歯がほとんどなく入れ歯もつかっていない高齢者が4年間で認知症を発症するリスクは、歯が20本以上ある人のなんと1.9倍にもなるというのです。

 

なんでも噛めるひとに対して、あまり噛めない人のリスクは1.5倍。かかりつけの歯科医のある人に対してない人は1.4倍という結果だったそうです。

 

また別の研究では歯の数が少ない高齢者ほど、脳の一部の容積が減少しているという驚きの結果が報告されています。(東北大学大学院歯科研究科の渡邉誠教授の研究)

 

健康な人、認知症予備軍の人の脳を調べたところ、歯が少ないひとほど記憶をつかさどる脳の海馬や意思や思考能力を担う前頭葉の容積が縮んでいるというのです。

 

海馬の部分を中心に脳が萎縮していくというのがアルツハイマー型認知症といわれるので、歯が少ない人ほど認知症になるリスクが高いと考えられているのです。

 

噛むことで脳は活性化する

よくものを噛んで食べることが健康に良いということは知られています。よく噛むとダイエットになる、ということも聞いたりしますが、よく噛むことで脳が活性かするということはどういうことなのでしょうか。

 

日本咀嚼学界理事長も務めた齋藤滋氏の研究によれば、ガムを噛む前としっかり噛んだ後での体力測定で、背筋や握力などの数値、反射運動の数値も変化が見られたそうです。

 

ガムをよく噛んだ後に体力測定を行うと良い結果が出るのです。

 

このことは筋肉や神経だけにあらわれる影響ではなく、脳にも影響するというわけです。噛むと脳の機能全般にいい影響がでるのですが、特に短期記憶をつかさどる海馬の活動を助け記憶力が高まるということなのです。

 

ねずみ

歯を少し削って咬み合せを悪くしよく食べ物が噛めないねずみと普通のねずみで比較した実験です。

 

2匹のねずみを小さなプールの中で泳がせ、休憩台の場所を覚える様子を比較すると、よく噛めないねずみは何度も同じところを泳ぎ回ってようやくたどり着けるのに対して、普通のねずみはすぐに休憩台を目指して泳ぐことができたそうなのです。

 

このときのねずみの脳の様子を見てみると脳全体が活性化し、海馬の部分が大きく変化していたそうです。

 

丈夫な歯で健康に食べ、健康に噛めることが脳を活性化し、ボケを防ぐということに大いに関係があると思われています。

 

【参考書籍】
『歯がいい人はボケにくい』倉治ななえ著(角川SSC新書)より

Sponsored Link