総合歯科治療とはどんな歯医者さん?

総合歯科ってどんな歯医者さん?

歯医者に行きづらい理由、で見た項目はそのまま、歯医者が嫌いな理由と言い換えてもよさそうな項目でした。痛くならないと歯医者に行かない人は、歯医者で痛い思いをすることになります。そして何度も通わされることになり、抜かないでも良かった神経まで抜かれ…

 

治療が終わったあとに不満が残る。そして次に歯が痛くなったときは別の歯医者さんを探す…

 

こういう患者さんが多いそうです。気持ちはわかるのですが、これではいつまでたっても、納得のいく歯医者さんと出会えませんし、歯も悪くなる一方です。

 

歯のホームドクターとしての総合歯科診療

予防歯科、一般歯科、口腔外科、矯正歯科、矯正歯科、インプラント…昔は「歯医者さん」とひとくくりだったものが技術が高度化し、細分化するに従いさまざまな専門歯科ができて来ました。

 

確かにインプラントなどは比較的新しい技術で、骨を削るような施術ですから、症例の多い専門医のほうが安心できるように思えます。

 

その一方、専門性に強い歯科クリニックは、得意な専門治療をどうしても勧める傾向があるといいます。虫歯に悩んでいた親戚が「上手だよ」と言ってたのを聞いて、自分もその歯医者へ入れ歯の相談をしに行ったら、強くインプラントを薦められた。専門性をよく理解せずに歯科医を訪れ、そういうものかと先生の言うままにインプラントを受けた。

 

もちろんインプラントが悪いということではないのですが、もっと広い選択肢の中で治療を受けられた可能性があるわけです。

 

一般の医療の分野でもホームドクター(かかりつけ医)の必要性が言われています。医療に詳しくない患者の多くは、まずどの病院に行って診療してもらうかから、分からなくなっているのです。

 

例えばめまいの症状で総合診療科に行くと、総合診療科の担当医はまず、その患者さんのめまいが全身のどこから来ているかを診断します。特に明らかな原因が見つからず、心配のないものと判断されれば、総合診療科で治療し、経過を診ますが、脳の病気が疑われれば脳神経外科、耳鼻科領域であれば耳鼻科、といったように適切な科に紹介します。紹介先の科にはたいていの場合、その日のうちに診てもらうことができます。

 

すでに一通りの画像撮影や血液検査、尿検査なども終えているので、同じ検査をする必要はありません。

 

こうした総合診療の流れを歯科に応用したのが歯科の総合診療なのです。

 

『総合歯科診療の進め』(現代林書) 小柳光蔵、三宅忠隆、一瀬照太著

 

お近くに総合歯科診療をする歯医者さんがあれば、歯の痛くない今、ぜひ訪れてみてください。始まりは予防歯科ということも良いのではないでしょうか。健康だから通うお医者さん。歯科医の場合、定期的な検査で、ほぼ確実に虫歯を予防することができます。

 

一般の医療の分野ではいくら頻繁に定期健診を受けても、病気が予防できるかというとそうは行きませんよね。歯医者さんっていうのは、すごいお医者さんなのです。歯医者さんほど頼りになるお医者さんはいない のです。


Sponsored Link