歯のホワイトニング

ホワイトニングってどんなこと?

歯のホワイトニング

ホワイトニングってよく耳にします。

 

歯を白くすることなんだろうというのはわかりますが、実際にはどういう処置をするのでしょうか。

 

また安全面とかは問題ないのでしょうか。

 

実は口の悩みで一番は歯の色が汚いこと

日本人の口の悩みのトップが歯の色が汚い(白くない)ことだそうです。口臭の悩みが2番目だそうですから、意外に多くの人が気にしているということです。

 

歯の色が汚ければ、大きな口をあけて笑えませんし、心理的な負担があることになります。美容面はもとより広い意味での健康ということでも改善したいところですね。

 

歯を黄色くする原因とは

1)食べ物、飲み物による変色
毎日の食べ物、飲み物による影響が第一に考えられます。具体的には、コーヒー、カレー、タバコ、お茶、などにふくまれる成分が歯に浸透し色素が沈着するといわれています。

 

2)加齢による変色
年をとるとエナメル質が薄くなり、象牙質が透けて見えるようになるのが普通です。エナメル質が薄いと黄色く変色するようになり、お年寄りの歯が黄色い原因のひとつが加齢による変色なのです。

 

そのほか、病気やフッ素の取りすぎなどによっても変色することがありますが、いずれも安全に歯を白くすることができます。

 

歯を白くする安全な施術

ホワイトニングって歯を削って白くするのでしょうか?薬品を使って白く漂白するのでしょうか?薬品を使うとすれば、安全なのでしょうか?

 

答えは 安全 です。歯科医できちんと指導を受けて行うホワイトニングは安全面でも実証されているそうです。

 

歯科医で行うホワイトニングは歯を削ることはしません。エナメル質を削ってしまっては却って歯を黄色くしてしまいかねません。過酸化水素を原料とするジェル(漂白剤)を使って白くするのですが、この薬品はこれまで多くの症例をもって、歯にも歯茎にも安全だということが実証されています。

 

歯医者さんでホワイトニング

ホワイトニングの方法には二つの方法があります。歯医者さんで行ってもらうホワイトニング(オフィスホワイトニング)と歯医者さんの指導によって自宅で行うホームホワイトニングの二つです。

 

オフィスホワイトニング

歯医者さんで歯の表面をクリーニングしてもらい、薬剤を歯茎に塗ることで(歯肉)の保護を行います。次に歯の表面にホワイトニングジェルを塗り、光を照射して薬剤の反応を促します。

 

短時間で行えるホワイトニングですが、薬が強いため、主に歯のおもて側だけに限られます。

 

 

ホームホワイトニング

自宅でできるホワイトニングですが、ここでは歯医者さんに指導してもらい行うものを取り上げます。

 

歯医者さんで歯の表面をクリーニングしてもらいます。次に薬剤を塗ってはに装着する「マウストレー」を歯型を取ってつくります。後は自宅でマウストレーに薬剤を注入し、マウストレーを歯に装着。一日に2時間程度、2週間ほどで効果があらわれます。

 

ホームホワイトニングは時間がかかりますが、歯の裏も白くすることができ、効果が長続きします。

 

ホワイトニングは歯にも、歯茎にも安全な方法ですから、歯の色が気になるという方は一度歯科医に相談してみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link