生の食事で酵素ダイエット

ローフードで酵素ダイエット

ベジーデル酵素粒

ローフードというのは生、あるいは生に近い食材を食事で摂るという食のライフスタイルのこと。

 

RAW FOOD です。

 

生か、48度以下の温度で調理された食事のことですが、これがどうして体に良いのか、ダイエットに効果的なのか、『ローフードダイエット』という本に紹介されていました。

 

重要な補酵素のはたらき

酵素が消化を助けるという説明は行いました。例えば炭水化物であれば、体内で酵素のはたらきによってブドウ糖へと分解され消化されていきます。

 

そのとき、酵素を助けてくれるのが、補酵素というのだそうです。消化吸収を進める酵素のはたらきをベルトコンベアーに例えると、補酵素はベルトコンベアの回転をスムーズにする歯車というわけ。

 

きちんと歯車が役割をはたしてこそ、ベルトコンベアーは動いていくということになります。具体的に「補酵素」とは何のことを言うのでしょうか。

 

それはビタミンB1群。ビタミンB1、B2、というビタミンB群。

 

補酵素が歯車の役割を果たして、酵素がベルトコンベアーのはたらきをして、それで消化吸収が効率的に行われるというわけです。

 

食べたものがすべてエネルギーになるのではない

たくさん食べて太るのは食べたものがすべてエネルギーになるわけではないからです。

 

カロリー ≠ エネルギー

 

たくさんの食事をとっていて、「体がだるい、面倒くさい」と思い勝ちな方は、必要なエネルギーが足りず、不要なカロリーを過剰に摂取している可能性があります。

 

正しくエネルギーに変換される食事をとれば、体はイキイキしていきます。また余分な脂肪として体に蓄えられることが少なくなっていきますので、食事を減らさなくてもダイエットができるという理屈です。

 

食べる量よりも大事な「組み合わせ」

食べ物をエネルギーに変えるのが酵素、補酵素の力、ということです。その酵素、補酵素を上手に摂るためにお奨めなのが「ローフード」ということになります。

 

それは生の食材に、酵素がたくさん含まれていることによります。

 

もともと人間の体は酵素を持っているのですが、消化という作業をするうえで酵素を消費してしまいます。ところが生の食材はそれ自体に酵素(食物酵素)を含んでいるので、人間の体が持っている酵素を消費する量を減らすことができるわけです。

 

というわけで、食事の中に酵素をたくさん含んだ生の食材、また低い熱で調理された料理を食べることがダイエットにつながるのです。

 

特に気をつけたいのが(白)砂糖、アルコール、脂肪という高いカロリーをもちながら、栄養を含んでいない食材(品)。これらは(空のカロリー)を含んだ食品と呼ばれるそうです。

 

カロリーは高いにもかかわらず、栄養を含まないので、体は「もっと食材を食べろ」という指令を出すことになります。食べても空腹がおさまらないので、更に食べ続け、体は酵素を消費し続け、体内の酵素は少なくなる…

 

こうなると悪い循環=太る ということになってしまいます。

 

酵素をたくさん含んだ、生の食材を適切にとることで無理のないダイエットができるのです。

 

【参考書籍】
酵素でやせるローフードダイエット!